イボにはどんな種類があるのか

最も多いイボについて

代表的な肌トラブルのひとつにイボがありますが、こういったイボの多くは指やヒジ、ヒザに出来るものです。こういったイボは最も一般的なものですが、これは尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)と呼ばれています。このイボの特徴は関節に出来やすく、擦ったことをきっかけとしてイボが出来るのです。そして、イボの最初の段階では半透明の皮膚の盛り上がりだけですので、イボと判断することは難しいでしょう。

さらにイボが進行すると半透明の皮膚がザラついて大きくなり、最終的にイボになってしまいます。何より初期段階で気づきにくいイボですので、なかなか初期治療は難しいでしょう。早い段階で治療をすることが大切ですので、少しでも異変を感じたら医師に相談してください。

そのほかに多いイボは足の裏に出来るイボでしょう。これは足底疣贅(そくていゆうぜい)と呼ばれています。足の裏は常に体重がかかっていることから、これによって足の裏が角質化してイボになってしまうのです。このイボはウイルスも原因になっていますので、裸足で生活をしていると出来やすい傾向にあります。また、このイボはタコや魚の目に似ていますが全く別物です。そのため、医師に処置してもらいましょう。

Copyright © イボにはどんな種類があるのか, All rights reserved.