日焼け止めの正しい選び方とは

日焼け止めを使う

紫外線を守るためには日焼け止めを使うことが有効です。それでは、そもそも紫外線とは人体にどのような影響を及ぼすのでしょうか。紫外線というのは人間が見ることのできる可視光線よりも波長の短い電磁波のことです。UVと呼ばれることもあります。この紫外線の中にはさらにUVAとUVB、UVCというものがあります。このうち、地表に届くのはUVAとUVBです。

UVAは表皮層を通過することができて、真皮層にまで到達します。そこに存在するたんぱく質を変性させてしまったり、メラニン色素を酸化させたりします。その結果、シミができてしまうことがあります。UVBは表皮層に作用します。そこでメラニンを生成したり、細胞内のDNAにまでダメージを与えることもあります。

このような紫外線の影響を受けてしまうと肌の加齢が進んでしまったり、皮膚がんになってしまったり、目の健康被害を受けてしまう可能性があります。そのため、しっかりと肌や目を保護することが大切です。目の場合はサングラスをすれば良いのですが、肌については服を着るという対処法ができます。しかし、夏場は服を着ると暑いため、多くの方は肌を露出させます。その場合は日焼け止めを使うことで紫外線から肌を守るのです。

日焼け止めは正しく使うことによってその効果をしっかりと発揮します。日焼け止めの正しい使い方を理解していないと肌を守ることができません。こちらでは日焼け止めの正しい使い方について解説しましょう。どのような点に注意するべきか教えましょう。


●管理人推奨 ピックアップサイト●
日ごろのスキンケアで少しでも日焼けをしたくないと考えている人も多いと思います。そんなときは、スキンケアに効果的と言われている飲む日焼け止めを使い始めてみると良いでしょう ⇒ 飲む日焼け止め 効果

Copyright © 日焼け止めの正しい選び方とは, All rights reserved.