日焼け止めの正しい選び方とは

日焼け止めの塗り方

日焼け止めの正しい塗り方を紹介しましょう。基本的には1ヶ所ずつ塗っていくべきです。丁寧に塗ることによって、ムラが生じないようにしましょう。ムラが出てしまうと、その部分だけ日焼けしてしまう可能性があるのです。

顔に塗る際にはおでこと両頬、アゴの4点に適量をのせて、それを広げていきましょう。首は500円玉サイズのものをとり、それをしっかりと伸ばしながら塗っていきましょう。その際には耳の裏側や首の後の部分もしっかりと塗ってください。これらの部分は塗り忘れてしまう可能性が高いからです。腕は肘関節から手首までしっかりと塗りましょう。1本の線を伸ばしていき、それを手のひらで優しく広げていきましょう。足も同じようにして塗っていってください。

日焼け止めを塗る前に化粧水を軽くつけておくことをおすすめします。そうすることで肌をしっとりとさせられます。それによって肌への負担を軽減することができるのです。

日焼け止めはこまめに塗り直していきましょう。汗をかいてしまったり、こすってしまうと落ちてしまうからです。常に100%の効果を発揮させたいならば、定期的に塗り直すことをおすすめします。そうすることでしっかりとした効果を発揮することを期待できるのです。

Copyright © 日焼け止めの正しい選び方とは, All rights reserved.