日焼け止めの正しい選び方とは

使用の注意点

日焼け止めを実際に使う際の注意点について紹介しましょう。まず、適量を使用することを守ってください。どんなものにも適量というものがあるのです。日焼け止めは適量を使えばしっかりと効果を発揮してくれます。たとえば顔全体に塗る場合には500円玉大程度の大きさがあれば十分でしょう。もちろん個人差があるため、自分に合った量を上手く見極めてください。

また、日焼け止めは一度開封したならば、早めに使い切るようにしてください。一度開封してから時間が経ってしまうと、本来の効果が失われてしまいます。基本的にはワンシーズンで使い切るものです。そして、翌年になったら新しいものを購入しましょう。また、使用期限が記載されていることもあります。その期限はきちんと守りましょう。

紫外線というのは1年中降り注いでいるものです。そのため、基本的には1年中使うものです。紫外線の強い日には春や秋、冬であっても使用しましょう。ただし、季節や天候に応じて使い分けることが大切です。

また、日焼け止めのみで紫外線対策をするのではなくて、手袋やパーカーなども用いましょう。紫外線対策のグッズは積極的に活用していきましょう。相乗効果によって、さらにしっかりと紫外線から肌を守れます。

Copyright © 日焼け止めの正しい選び方とは, All rights reserved.